Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家
未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家 (JUGEMレビュー »)
シルヴァン・ダルニル,マチュー・ルルー
Recommend
アイデアのつくり方
アイデアのつくり方 (JUGEMレビュー »)
ジェームス W.ヤング,今井 茂雄
Recommend
夜間飛行
夜間飛行 (JUGEMレビュー »)
サン=テグジュペリ,堀口 大学
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ムーン・パレス
ムーン・パレス (JUGEMレビュー »)
ポール・オースター, 柴田 元幸, Paul Auster
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ドヴォルザーク:交響曲第9番
ドヴォルザーク:交響曲第9番 (JUGEMレビュー »)
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団, ドヴォルザーク, ノイマン(ヴァーツラフ), コシュラー(ズデニェク)
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
広島のある国で(8/9)
毎年8月になると、かならず思い出すことがある。

自分が広島に生まれ育ったこと。
その広島の、決して忘れることのできない出来事。
自分がその歴史と記憶を担って生きていくということ。


今年も、青空に入道雲がくっきりと映え、
じりじりと鳴く蝉の声が聴こえる季節になった。
毎日暑いし、のどが渇くし、空は本当に高く青い。
昨日は新宿のビル群の向こうに、富士山が見えた。
きれいなシルエットで、高く大きくそびえていた。

東京の空も、見上げるとすごくきれいなときがある。
目の前のことで頭が一杯で見えなくなるときもあるけど、
空がきれい、その一瞬の事実でさえも、なんだかすごく
大切なことのように思えて愛おしくて忘れたくなくなる。


原爆投下から13年後の広島と、現代の東京に暮らす
二人の女性の生き方を描いた映画『夕凪の街、桜の国』を観て来た。

広島の一つの家族を中心に、二つの時代にまたがって
いくつもの伏線が張られていて、まるで縦糸と横糸が何かの巡りあわせで
つながって今に続くとても大きな物語が織られていくように展開していった。
共感と悲しみと事実の重みに、何度も心が揺れ動くのを感じた。
後半は涙が止まらなかった。

今年観た邦画の中では一番心に残る作品になった。
広島の人、東京の人、世界の人、いろいろな人に薦めたい。
中でもとくに、過去に対する想像力を失っている大人たち、
歴史に想いを馳せる機会すら与えられなかった若い人たちに。

彼らはこの作品から何を感じ取るだろうか。
体の中で何かが変化するのを感じるだろうか。
人間にとって何が一番辛いか解かるだろうか。

それは、私もわかっていないかもしれない。
愛する人を失うことが一番辛い。
そして事実が忘れ去られてしまうことで、無自覚な人間から
人が傷つけられていくことはもっと辛く、恐ろしく、酷い。

誰かが言っていた。
「イメージを飛ばすことなら誰にでもできる」
初めて知ったことでも、遠くのことや過去の出来事でも。

今いる場所で、出来るかぎりのことをする。
いろんなきっかけがあっていいと思う。
年に一度は戦争のことや自分の国で起こったことを
考えていきたいし、周りの人にそんな機会を与える人になりたい。

『夕凪の街、桜の国』。自分が広島の人だからというよりは、
空を見上げてきれいと感じたり、大切な人を大事にしたいと思うのと同じように
自分の中に忘れられない事実があり、それを多くの人と共有するべきだと
信じているから、いろんな人に観てもらいたいと思う。


夕凪の街、桜の国』公式ホームページ

posted by: meg | My room | 21:46 | comments(3) | - |
平和の鐘が今日も鳴る(8/6)
毎年8月6日は、朝8時15分にテレビ画面に向かい、
平和公園にいるつもりで黙祷を捧げます。

毎年夏になるとどこからともなく聞こえてくる歌があります。
小さいころから学校で習い、自然に覚えていますが、
今も広島のたくさんの場所でこの歌が歌い継がれていると思います。
願いと、祈りと鎮めの歌を、ぜひ聴いてもらいたいと思います。


「ひろしま平和の歌」

雲白く たなびくところ 
空の果て 東に西に
おお高く こだま響けと 
鐘は鳴る 平和の鐘に

今われら 雄々しく立ちて 
その栄え ここに興さん

波青く たゆたうところ
海の果て 南に北に
おお遠く 祈り届けと
鐘は鳴る 平和の鐘に

今われら 試練を越えて
その行く手 ここに仰がん

風清く 輝くところ
国の果て 世界の友に

おお熱く 想いかよえと
鐘は鳴る 平和の鐘に

今われら手をさし伸べて
その睦み ここに歌わん


作詞:重園贇雄
作曲:山本 秀

広島市ホームページより
ひろしま平和の歌

posted by: meg | My room | 21:36 | comments(0) | - |
im a claimer(7/27)

喫茶店のコーヒーがぬるい
レストランの店員の態度が悪い
注文した料理が美味しくない
吉○来るのが遅い
ヤ○ーの解約電話がつながらない
エトセトラエトセトラ・・・

都会で消費活動をしてると納得いかないことも色々あります。
とりわけ飲食店で頼んだ料理や従業員の態度が気に入らなかったとき、
自分はやな客でめっちゃお店にクレームをつけます。
高校生くらいから電話で「店長いますか?」をやってるけど
最近また気になった点を言うようになった。
飲食店では客のダイレクトな反応って大事だからすぐ言っちゃう。
「あの店員の態度が悪い」「酸っぱかった」「来るのが遅い」「ぬるい」
普段自己主張をちゃんとできないくせに食べものが関わることについては
どうも納得いかなくてはっきり物申せるのよ。

お金を払ってるってのもあるし、他のお客さんに同じ目に遭ってほしく
ないからね。早く言って改善してもらった方がいいと思う。


先日、居酒屋で働いてる友達と久々に会ってきた。
「態度が悪い」ってお客さんに指摘されて店長と一緒に
膝つきで謝ったんだって。ちゃんと見られてるんだね。
怒ったお客さんって怖いけど、お店と店員がより良い方向に
向かうためにはいい機会だったのではと思う。
同じことを繰り返さないように具体的にどう訓練していくかが重要。
自分も接客に近い仕事だから、言葉と態度、身だしなみとか
気をつけなきゃって思う。「とりあえず謝って、上の人を呼ぶ」って
クレーム対応で習ったけど、自分が原因にならないようにしたい。

・表情をやわらかく、笑顔
・物の「言い方」に気をつける
・適当なことを言わない
・わからなかったら確認する

基本的なことばかり。。。でも出来てない自分。
人のふりして・・云々と言う前に
自分の弱点を克服していけるよう気をつけます。
新しい環境に身を置くたびに違う弱点に気付く。

山登りでは「命(身体)」と「時間」を大切にすること、
インターンでは「優先順位」「計画性」という言葉を覚え、
今の仕事では「言葉によるコミュニケーション」「身だしなみ」
そして「打たれ強くなること」の大事さを勉強中。

・・・・メンタルが圧倒的に弱い!!

「何事も経験」という母の口癖に今すごく共感してます。
バッドスパイラルに陥らないよう、理性をもっていかに感情に
歯止めを利かせられるか。9月からは新しい場所での仕事も
始まることだし、いつも爽やかに人に接し、好奇心いっぱいに
毎日を送れるよう新鮮な気持ちでがんばっていきます。

posted by: meg | My room | 21:26 | comments(0) | - |
moon light
最近、ドビュッシーの「月の光」(Clair de Lune)という曲を聴いています。

雨の降る夜は、空気がしっとりと澄んでいてとても気持ち良いです。
空には何も見えませんが、曇り空の向こうに何か光るものが
待っているような、自分も待ち遠しいような気がしてきます。

今日、これまでに頂いた名刺とケータイの住所録を整理しました。
そして、自分はもっとお世話になっている人や友人を
大切にしていかなければいけないなと感じました。
お世話になったのにきちんと御礼ができていない方々に、
感謝の気持ちを添えて暑中お見舞いを出そうと思いました。

今月も素敵な出会いと再会ができています。
周りの人には本当に恵まれているなと感じます。
一歩ずつですが、目指す道への努力を続けます。


C.A.Debussy「月の光」
Classic MIDI COLLECTION


posted by: meg | My room | 01:47 | comments(1) | - |
肉よさらば〜できるかなベジ生活
一日とか一週間限定のベジタリアン体験をしたいとよく思うのだけど
信条とかないのであっさりと“肉”欲に負けてなかなか実行に移せない。

この夏はダイエットと節約の二本立てがメインなのでチャンスかと思う。

肉も魚(場合によっては卵・乳製品)もとらない生活ってどんなんじゃろと思って、
手始めに「大豆のお肉のカレー」ってのを食べてきた@earth garden
大豆で出来た肉的なかたまり、むっちりと噛み応えあって美味しかった。
きつねうどんの油揚げがぶ厚くなってお麩みたいになった感じ。

前に沖縄料理屋で食べた「麩チャンプルー」も美味かった。
細く切ったお麩がもちもちして旨みがしっかり野菜・卵とからんで絶品でした。

豆腐も麩も立派にお肉の代用を務めてるか、むしろ全く違う個性を出してて、
どっちも想像より全然うまかった。旨みと噛み応えがカギだと思う。


大豆も小麦粉も、穀物って無限の可能性があるんだなあ。
たくさんの国のいろいろな文化、様々な料理法で調理されている
わけだし、まだ知らない食べ方もいっぱいあるはず。
いろんな料理に家でも挑戦してみたい。


で、、
東京ベジタリアンウィークフェスティバル2007

ってのが、9月に開催されるみたいです。
野菜・豆腐料理や精進料理を食べてプチ農体験ができるツアーや
レストランでのフェアー、講演など東京にいて気軽にベジ体験できる
プログラムが色々あって楽しそう。

外食も多いし、毎日ベジタリアンは大変でも普段ちょっと意識して、
穀物・野菜・海草・きのこ類などしっかり食べてみようと思います。
これをきっかけに、お料理のレパートリーも増やしていきたいな。

posted by: meg | My room | 01:27 | comments(0) | - |
EVERYDAY心地よく暮らす
ついに買ってきました「布なぷきん」!!

使い捨てではなく毎日洗濯が必要なので、
めんどくさそうと思ってなんとなく敬遠していたのだけど、

ある日突然、「体に化学物質が触れるのっておかしくないか??」って
市販のものが急に嫌になって他の方法を探して辿りついたのがこのなぷきん。

いろいろメーカーがあるのだけど、見た目がおしゃれで可愛くて
柄も全部ちがうtipua(ティプア)ってとこのものを選びました。



紫いろの本体のほうはクラビオンコットンというカニやエビの殻をリサイクルして
木材パルプと合わせて作った汚れ落ちのいい素材で、パットのほうは
オーガニックコットン。さらっ、ざわっ、ふわっとして夏のタオルケットのようで
とっても肌触りがいいっかわいい早速はまりそうです。

友達に話したら「地球に優しいおんなになれるね」って(笑)それで
2年くらい前に聴いた環境ジャーナリストの枝廣淳子さんの講演を思い出しました。
「グリーンコンシューマー」という、自然環境に配慮した商品を進んで購入する
消費者のコンセプトを日本で広げようとされており、新しい消費者運動として
注目されています。

この布なぷきんは身体への負担が軽くなり、出すゴミも減らせるため、
高い買い物だとは感じませんでした。体が心地よい良い状態となり、
思考や行動もポジティブになれることを期待しています。

これからは、その場の利便性や効率よりも環境や身体といった
長期的な視点を持って買い物をしたいなあと思います。


tipua
エコロジーショップ「GAIA」
ジャパン・フォー・サステナビリティ
(枝廣氏が共同代表を務める非営利団体のHP)


posted by: meg | My room | 00:08 | comments(0) | - |
かぜひいた
梅雨を前にしてちょっと乾いたいい気候。

最近は身体がジュークボックスのようになって
いままでに聴いた音楽が自然に流れてくる。
それも山崎まさよしの「セロリ」とかゆずの「大バカ者」とか
さらっとウェッティな憂いのある曲が。
いろいろ感じることもあるけどがんばってみるよみたいな。
いまの自分もそんな感じ。

かぜひいたーしんどい、原因分析

・栄養の偏り
⇒自炊と野菜摂取を心がける。豚丼生活をやめる

・オーバーワーク(遊びすぎ)
⇒夜遊びを控え、自宅で読書・DVD鑑賞などする

・衛生
⇒手洗いうがいをする


身だしなみと部屋の整理が6月のテーマ。
部屋は家に友達を呼べるくらいきれいにするのが目標。

誰か夏祭りとか一緒に行きませんかー?
浴衣きて花火とか観に行きたい。
その前にダイエットしておしゃれしたい。

夏=テストからもう開放されたのが実感わかない。
そうだ、もう試験はないんだ!でも勉強は続けなきゃな。

やっぱりテストも勉強もない夏ってなんか変。
この1年は「東京で何が出来るか、何をしたいか」を考えるのに与えられたのだと思う。
仕事だけじゃなくて、プライベートも満喫したくて今の仕事を選んだのだから、
無理しないように、読書とか勉強(新聞、語学など)で日々を充実させたいと
思うのです。

「よく学び、よく遊び、よく飲め」モットーが瓦解しつつあるけど
ちょっとは理想に近づけるように、1日1日を大事に、そして健康も大切に・・・。

自己管理とセルフコーチングが基本の社会人生活は
ほんと自分の駄目さ加減から学ぶことばかりっす見る

posted by: meg | My room | 23:34 | comments(0) | - |
休日の過ごしかた
今日はお休み。
貴重なリフレッシュタイムということで大切に時間をつかう。
普段できない家事と趣味で一日を謳歌。
社会人になったら、身体と神経を使う分
メリハリをつけて行動することが大事なのかも。

)楸燭凌渊餞曚破椶鮗擇蠅襦
『なぜ記者は戦場に行くのか』吉岡逸夫(東京新聞記者)
『宮本常一という世界』佐田尾信(中国新聞記者)
『聖なる土地の力』マーティン・グレイ(ナショナルジオグラフィック誌カメラマン)
3冊借りて電車の中で読む。ハイペースで読了。
卒論でも「土地」を扱ったけど自分は世界/日本各地の伝統や地理、
そこに生きる人々の営みに関心があるよう。そこでNEWSを見い出せるならなおさら。


◆屮轡優泪▲侫螢」を観に行く@渋谷アップリンク
ルワンダ映画を3本鑑賞。いずれもルワンダの虐殺について現地の人たちの
視点で描かれた作品で、欧米人の眼差しで壮大に代弁されたものではなく、
当事者による真(まこと)の言葉でつむぎだされた生=等身大の映像。
親族を失くした住民の表情/証言が何よりもリアルで胸に焼きついた。


K榁気掘渋谷ブック1st
『ビジョナリー・カンパニー』の著者らによる新刊、『ビジョナリーピープル』読みたい。
会社の人にはマナーとメイクの本、ジャック・ウェルチの経営本と外見力に関する
本を読むようにと薦められている。ある先輩の鞄には5冊本が入っており、
「追い越したいなら、10冊は入れろ」とのこと。言われなくとも。
最近ようやく読書の時間がとれるようになってきた。

早寝・早起き・新聞・読書・自炊。
これらを習慣に取り入れて、毎日を充実させられたら理想。



posted by: meg | My room | 00:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
「自信」レッスン
この1年は、「自分に自信をつける」ことを学ぶレッスン1年だったのだと思う。
ものごとが上手くいかなくて、迷いや不安や色んな苦しさを味わって、悔しくて、
いつしか自分自身を傷つけかけていた。もうどうでもいいやって。
「自分は大丈夫」って言い聞かせながらもでも、どこかでわざと自分を追いつめて
苦しい状態でいようとしてた。自分が嫌で、悔しくてしょうがなかった。

一人でよく途上国を旅行していたとき、自信って、自分を信じることなんだって
気付いた。すべてがいい方向に行って、色んなことが上手くいって、
人からたくさん助けてもらえた。今までなぜ、それができてなかったのか。
ようやく、出口が見つかりそうな気がしてきた。

今日、もう一度自分に戻ろうって思った。
そのまま、ありのままの素直な自分でいいんだとわかって、
そんな自分を評価してくれる人たちがいた。
このままでいい、自分だしていいんだって気付いた。
ありのままの自分。泣いても笑っても同じ自分。


気付くの遅いかな。
でも、いままでの出会いも経験も絶対無駄じゃなかった。
このままの自分で成長していけばいいんだって。

3月。今までお世話になった人全員に、感謝の気持ちで胸がいっぱい。
なんていい出会いをできたのか。魅力的な人に囲まれて生きてきたのか。
どれだけの人に助けられたか。救われたか。愛されたか。
「貰いっぱなし」の人生。
これから自分は、何をどうするべきか。

22年間でお世話になった人全員に、感謝の気持ちを伝えたい。
メールでも、手紙でも、言葉でも音楽でも。きっと自分は活躍する人間になる。
だから待っていてほしい。必ず、恩返しのできる人間になる。
自信をもつこと、簡単じゃない。
でも、他の人にないものがたくさん身についた。得だと思う。
できる自分を信じたい。大活躍する人間になる。

自分を信じて、明日からも明るく頑張ろう。

posted by: meg | My room | 01:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
sukkiri!
現状は変わらないという決め付け。
自分にはできないっていう思い込み。

全部捨て去って無心になって作業してみた。
机周りの要らない資料をごみ袋4袋ぶん片付けたら部屋も心も体もすっきり!
せまいお部屋でスキップしそうに!

いつか使うかもと思ってとっておいても重荷になる。
必要最低限のものでシンプルに暮らすのが結局クリエイティブ。。

・思い込みを捨てる
・自分を信じてとにかくやってみる
・結果はあとからついてくる

そうじ力、すごいわ。

先入観を捨ててオープンになるといいことがある。
誰かに来てもらえるように、もっとキレイにしよう。

posted by: meg | My room | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) |