Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家
未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家 (JUGEMレビュー »)
シルヴァン・ダルニル,マチュー・ルルー
Recommend
アイデアのつくり方
アイデアのつくり方 (JUGEMレビュー »)
ジェームス W.ヤング,今井 茂雄
Recommend
夜間飛行
夜間飛行 (JUGEMレビュー »)
サン=テグジュペリ,堀口 大学
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ムーン・パレス
ムーン・パレス (JUGEMレビュー »)
ポール・オースター, 柴田 元幸, Paul Auster
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ドヴォルザーク:交響曲第9番
ドヴォルザーク:交響曲第9番 (JUGEMレビュー »)
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団, ドヴォルザーク, ノイマン(ヴァーツラフ), コシュラー(ズデニェク)
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
ことだまを信じる
ことばの持つちからを信じてみようと思います。



携帯を壊して8年分のメモリーが消えました。
メールもできません。
明日復旧の見込みです。

PCも久々に開くし
友達に迷惑かけてるし
職場とも連絡できないし

体調もなんか変
部屋も片付かない
明日は友達が遊びにくるのに!

でも
ポジティヴ・アクティヴ・アグレッシヴと
人生の方向性を定めたので前向きにがんばります。

ほんとうなら落ち込むとこですが、
言葉の力を信じて、
落ちないでこらえて毎日楽しんでいます。

うまくいくことばかりじゃないけど
だからこそ面白い。

来月からまた仕事の変化があります。
新しいことができる
新しいことが覚えられる
経験が増える

ここ2ヶ月はこれでも仕事のことしか考えてなかった
もっとできるようになること
ミスをなくして一つ一つを確実にすることが目標。

息抜きつつも毎日を思いっきり楽しみます!
posted by: meg | Wonders | 22:59 | comments(0) | - |
コミュニケーションの大切さについて
会社で働くとは、たくさんの多彩な人たちと一緒にチームワークで仕事をすること。
気の置けないほんの数名との人間関係で過ごしてきた、
自由なのに閉鎖的な学生生活とは全く違うんだってわかっていたけど、
少しずつ「何が違うのか」見え始めたような、社会人生活2ヶ月目。

頭で考えていた以上に、報告すること、連絡すること、相談すること、
言葉による周囲の人とのコミュニケーションが大事だと分かった。
自分と他の人が考えていることは、意外なくらい違っていたりする。
バックグラウンドもばらばらな人たちが同じ目的に向かって、役割を遂行したり、
新しい何かを創ったりするのだから、人と人の「媒体」となるツールが必要になる。

山田ズーニー氏によると、コミュニケーションで大切なのは、
自分を信頼してもらうことで高まる「メディア力」と「相手理解」らしい。
共通理解のために、言葉を使って人と分かり合おうとする。
やってきたはずなのに、いざ人にわかるように言葉をつむぐのは難しい。
「正確に、分かりやすく、簡潔に」伝えようとするのなら尚更。
同氏によると、円滑なコミュニケーションは練習でできるようになるらしい。

新人の今は「コミュニケーション≒質問すること」に置き換えられると思う。
あまりに態度が受身的なために、「疑問をもちなさい」と繰り返し言われたので、
普段の生活から問題意識を持つことが自分に必要だと思った。
確かに、状況を改善しようとか、ここはおかしいと思う癖が自分に足りない。
与えられたことだけをただこなすのではなく、
気付く人、+アルファの出来る人になりたい。

ここ最近は相手が信頼できるかばかり考えてしまったし、
自分を理解してもらいたいと思ってしまっていたけど、かなり逆だった。
まず、自分という人間を信頼してもらうこと。
相手のことをわかろうと関心をもつ努力をすること。
「わかりあえないかも」「尊敬できないかも」なんて
最初から色つきの眼鏡をかけていたのは、自分の方だったのかも。
はやく心の壁を打ち破って、明るく開けた人になっていきたい。

ゴールデンウィーク、休みは2日。
・護国寺のチベットのお祭
 「チベット・スピリチュアル・フェスティバル2007

 

 インドから来日中のチベットのお坊さんが、砂曼荼羅描いてるとこを見た。
 全員まじ凛々しくて徳ありそうないイケメン。バター茶飲めて、瞑想もさせてもらった。

・『バベル』を観る
 りんこが際どいので15禁でもいいと思う。観る価値はある。
 鑑賞者には字幕があるという免罪符のために、この映画で言いたいことが
 伝わりきらないのでは、と思った。
 コミュニケーションの断絶は想像以上に身近な話だと思う。
 
・明日は山。
 山梨にある200名山の一つ「乾徳山」に3年ぶり(!)に登ってきます。
 一ヶ月ちょいぶりの登山で、自分が自然の中で何を感じるのか
 先輩や仲間との会話の中で何を学び取れるのか楽しみに行ってきます。

posted by: meg | Wonders | 01:29 | comments(0) | - |
帰宅部
最近、

研修が昼の3時か4時に終わるので、帰宅後好きなことに精を出しています。

【関心事1】8日の知事選
 
きのう、立候補者である黒川紀章さんの演説会に行ってきた。
建物のデザインをする建築家の人が、なぜ政治家になりたいのか、
東京でどんな理念を体現させようとしたいのか気になったから。
思想、身体、社会や自然という着眼から、「共生」を目指した社会を
創りたい人らしいけど、公約がどれも漠然としてて実現の過程がわかりづらかった。
女優・実業家・経営者が周りにぞろぞろ。人脈にびびる。
握手のしすぎで手にヒビが入ってるって。当選するのは大変だ。

 ↓紀章さんと奥様の若尾文子さん



今日は帰りに
・みんなのドラえもん展
・春の院展

行ってきました。
絵画と漫画どちらも比類なきすばらしい表現。
富士山とヒマラヤ、桜の法隆寺のポストカード(後藤純男・春映法隆寺)を買いました。
自分は雪をかぶった山と桜、寺になぜか心魅かれるようです。
芸術は季節感と風情のある作品が好きです。
歌は、それらに加えてメッセージのあるものが好きです。誰かに出したい。
ドラえもんは夢とアイデアと友情の話だった!藤子先生素晴らしく偉大。

 ↓のび太の部屋。ちゃんと4畳半。


手軽に購入できて絵柄も様々あって楽しく、受け取る側もうれしいポストカード。
一枚で4枚分くらいのおいしさがある。春風にのって想いと一緒に届いて欲しい。


明日、
下北モーション
あさって、
映画!まだ観ていないの。
輝く夜明けに向かって
約束の旅路
ルワンダの涙
ぜんぶアフリカだ。

読売のアフリカ映画についての記事
こちらから

社会人の休みはどう過ごそうかな。
posted by: meg | Wonders | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
google earth
を(今更)ダウンロードして遊んでみた。
マジですごい。。宇宙からどんどん地面に近づいて建築物まで見れちゃう。
試しに実家のマンションみたら、「えっ、うちの屋上ってこんな色だったの?」
みたいな新発見あり。ラサとか見てびっくり。開発進みすぎ!!
用途が無限に広がる分、情報公開とか色々不安にもなる。
21世紀は何でもバレる時代、なんか怖いけどテクノロジーってすごすぎる。

昨日12月1日は世界エイズデーで、googleも画面にレッドリボンを表示して
くれてたりU2のBonoも安倍さんと会ったり色々とばたばたと動きがあった。
oxfamにもイギリスのスタッフが来日していたし、下北のmotionっていう
チャリティイベントにも来てくれた。
友達つながりで30人くらいの人と知り合えて楽しかった♪♪
最近はいろんな出会いが次の出会いを呼び、何かに導かれている感覚。

仕事をはじめたからか、今までうだうだと過ごしてきたのが信じられないくらい
時が早く過ぎる。あせっても仕方ないけど、目の前のことを着実にやんなきゃ。
たくさん遊んだ後は卒論ファイト、あと10日で提出!(無理!)

posted by: meg | Wonders | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
fair trade party
友人から、宣伝依頼・・というわけで、
誰かみてるのかな??

◆◇学生式フェアトレードパーティー◆◇
フェアトレードのことをもっと知りたい!
他大学の学生がどんな活動をしているのか知りたい!
そして。。。輪を広げたい!
そんな“学生”のためのパーティーです☆

■日時:12/17(sun) OPEN13:00〜CLOSE18:00
■場所:しゃれなあどホール(世田谷区民会館別館三茶しゃれなあど5F)
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/cgi-bin/sisetu/sisetu.cgi?mode=view&category1=040&category2=010&category3=&no=38
■交通:東急田園都市線三軒茶屋駅北口から徒歩5分
■参加費:学生500円 一般700円
※学生の方は学生証を持参してください。


┌◆イベントの背景
└─────────
大学でフェアトレードを広める活動をしていると
なかなか他大学の人と一緒に活動したり出会う機会はありません。
そこで!
同じ活動を行っている大学生同士が
自由に語り合うことのできる場を企画しました。

サークルで活動している人。大学外の団体で活動している人。
研究している人。最近気になり始めた人。
形は様々でも、フェアトレードを愛する同じ気持ちを持った人びとが集まる場所
それが“学生式フェアトレードパーティー”

┌◆プログラム
└──────
■TALK
『卒業したらFTとどう関わる?』
ゲスト:川村菜海さん(フェアトレードカンパニー)

■WORKSHOP
『いい貿易って何だろう?』『貿易ゲーム(予定)』

■MUSIC
アコースティックでスローな音楽♪フェアトレードで疲れた心を癒します(笑)

■OTHERS
フェアトレードショップコーナー、フェアトレードチョコの食べ比べや
展示コーナーもあります

┌◆参加申し込み方法
└─────────
〔樵亜↓大学名・所属、O⇒軅茵淵▲疋譽后砲鯡正の上、
「学生式フェアパ参加申し込み」というタイトルで<ftsn_info@yahoo.co.jp>まで送信してください☆

☆会場ではフェアトレードショップによる商品の販売もあります。お友達を誘ってぜひ来て下さいね☆

■問い合わせ:ftsn_info@yahoo.co.jp

主催:FTSN東京 http://www.ftsnjapan.org/
協力:DEAR−YOUTH http://dearyouth.fc2web.com/

posted by: meg | Wonders | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
neighbor japonese
11月23日は樋口一葉の命日。
文京区本郷の菊坂周辺ではいくつか関連したお祭りが催されています。
今日は年に一度だけ一般公開されるという、
一葉ゆかりの“旧伊勢屋質屋”の見学に行きました。

明治20年(1887年)に建てられ25年前に廃業、以後は
町の人々の手によって文化財として残されています。
「文京の文化環境を活かす会」みたいなとこのおじさんとおばさんが
中の蔵とか庭とか、一葉の残した作品について丁寧に説明してくれた。
いちばん驚いたのは品物を保管する蔵の前の床が地面深くまで掘られていて、
何が入ってたかと思うと、なんと「粘土」。
昔は火事が起こったら木造建築ばかりですぐに火が燃え移ったから
蔵を守るためにこの土で扉の隙間をうめる“目止め”をしていたらしい。
昔の建築ってすごく合理的に造られてるんだなあと思った。

↓質屋と、居住空間をわける坪庭


自分も明治にちょこっとだけ生きていたような錯覚をおこしました。
知れば知るほど本郷は奥行きのある町だなあと思います。

posted by: meg | Wonders | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
a couple of more things
何だかんだでイベントシーズン。
今日は「ライフスタイルフォーラム」@新宿御苑とあめ
映画『麦の穂をゆらす風』の試写会@明治学院に行ってきたカチンコ
寒かったし、色んな人に会いまくって、ちょっと疲れたー。

LSFのほうはOxfamの手伝いに。地球環境コンシャス系なのでちょっと
カラー違ったかもだけどチョコレボとかアムネスティの人とかもいたから
なんとか紛れることに成功。現地供給用の水のバケツを見て
「ああ生ゴミを入れるのね」って言ったお客さんがいたらしいのがさすが。
昨年も参加したけど辻信一さんの言葉が昔より沁みなくなってきた。。
早く都会で社会人生活を送りたい。

『麦の穂をゆらす風』は今年のカンヌの最高賞パルムドール受賞作品。
20年代アイルランドが舞台でイギリスから独立後も国内での内戦を深め
家族や恋人と愛がひきさかれ、、、という映画。
「今」起こっていることへの示唆を与えている。大人の人はけっこう泣いてた。
鎌仲さんと綿井健陽さん(『リトル・バーズ』監督)の対談も興味深かった。
日本人ジャーナリストがイラク駐在の米兵に「なぜイラク人を殺すのか」と
言えるのか。大きな構造と小さな反抗、政治的スタンスと個人的なミッション。
「そもそもイラク戦争は“誰と誰の”戦争だったのか?」
という根本的な問いかけ・・

ところで昨日、後藤先生の授業「International development cooperation」に
ほっとけないの長瀬さんがご講演にいらしてその後お食事会にいった。
雄弁に語る人じゃなくていい人だったのでちょっと照れたー。
先生は世銀・IMF系の人なのに市民運動とかに関心をもってくれる。

ちなみに私の兄はPKOでイラクの後方支援に行っていたし、
私は趣味でこのような映画を見て戦争に嫌悪と無意味性を感じるし、
エコなライフスタイルにはお金がかかるし、大量生産・消費する「ロハス」だし。
世銀もNGOも貧困問題解決を目的に叩きあいだし、
こうして世銀の先生とほっとけないの長瀬さんとイラクの爆弾落としに貢献した
兄から小遣いを貰う私が一緒にテーブルを囲むし。。

世の中、矛盾だらけ、でその矛盾に気付かぬふりをするのが楽だという事実。
すべてを忘れて談笑するのが結局一番楽しいのでしょうね。

過ちは、本当に二度と繰り返されないのかな。
posted by: meg | Wonders | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) |