Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家
未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家 (JUGEMレビュー »)
シルヴァン・ダルニル,マチュー・ルルー
Recommend
アイデアのつくり方
アイデアのつくり方 (JUGEMレビュー »)
ジェームス W.ヤング,今井 茂雄
Recommend
夜間飛行
夜間飛行 (JUGEMレビュー »)
サン=テグジュペリ,堀口 大学
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ムーン・パレス
ムーン・パレス (JUGEMレビュー »)
ポール・オースター, 柴田 元幸, Paul Auster
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ドヴォルザーク:交響曲第9番
ドヴォルザーク:交響曲第9番 (JUGEMレビュー »)
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団, ドヴォルザーク, ノイマン(ヴァーツラフ), コシュラー(ズデニェク)
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
ガラパゴスのシンポジウム(8/4)

今日、東大本郷キャンパスの弥生講堂で開催された
日本ガラパゴス協会のシンポジウム、
「ガラパゴス諸島の運命」に出席してきました。

北大教授の石弘之氏の講演を聴くのが主な目的でしたが、
日本の研究者やNGO活動の現在の状況を知ることができ、
大変有意義なシンポジウムでした。

石氏は朝日新聞記者やザンビア大使、UNEP顧問などの
経歴をもち、著作『地球環境報告』が有名ですが、
30年以上も前からアスベストの警告をされているなど、
環境や途上国における問題などを研究し発信を続けておられます。
わたしの尊敬する学者の一人だったりします。

実際にお会いすると、気さくでユーモラスな感じを受けました。
20人の入植者が渡ってわずか1000年で人口が数千人に増え、
島を荒らし、やがて文明を絶えさせたイースター島の例を挙げ、
海洋に浮かぶ島の豊かな生物多様性と絶滅の危機、島そのものの
存続について、考えさせられるようなお話をされていました。

ガラパゴス諸島は、15世紀中ごろにポルトガルから移住者が
やってくるまで、森林と豊かな生態で「幸運の島」と呼ばれていたそうです。
その後、ヨーロッパに輸出する木材の大量伐採や放牧により島の自然
が脅かされ、ここ十数年では112種だったガラパゴスの外来種も
1321種まで増えたことが確認されるなど(ダーウィン財団資料より)、
この島が外部からの影響で脅かされてきたことが報告されました。
現在はユネスコにより、「危機遺産」に登録されています。

しかしながら、島の女性組合による産業が活性化したり、
国外の研究・支援活動がガラパゴスを守るために様々な取り組みを
行ったりしていることも知りました。
観光客もまた、植林やキャンペーン活動をするなどのエコツーリズムに
参加することができます。島の内部・エクアドル国内・国外
それぞれに出来ることを考え、補助しあうことが大事だなと感じました。


日本にも、「東洋のガラパゴス」と呼ばれる小笠原諸島があります。
これから新しい場所を訪問する際には、その土地での特殊性と現実を知り、
自分に何か出来ることを考えていきたいと思いました。
知るのと知らないのでは、物事が違って見えるということを、
このシンポジウムで確認させられました。機会があれば、
生物多様性やエコツーリズムの本なども読んでみたいです。


posted by: meg | studying | 21:23 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:23 | - | - |