Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家
未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家 (JUGEMレビュー »)
シルヴァン・ダルニル,マチュー・ルルー
Recommend
アイデアのつくり方
アイデアのつくり方 (JUGEMレビュー »)
ジェームス W.ヤング,今井 茂雄
Recommend
夜間飛行
夜間飛行 (JUGEMレビュー »)
サン=テグジュペリ,堀口 大学
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ムーン・パレス
ムーン・パレス (JUGEMレビュー »)
ポール・オースター, 柴田 元幸, Paul Auster
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
ドヴォルザーク:交響曲第9番
ドヴォルザーク:交響曲第9番 (JUGEMレビュー »)
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団, ドヴォルザーク, ノイマン(ヴァーツラフ), コシュラー(ズデニェク)
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
loyality for・・・
“last presentation as a university student”
を今週に控え、不安と緊張でなんだか元気がでない。
ザックに行動食を入れてとぼとぼと家を出る。
なんでこんなにunwillingなんだろう。。

休日の学校は人影もまばら、仲のよい友達はいないけれど
静かで集中できそうな雰囲気がいい。ついたら気持ちが軽くなった。
いろんな思い出がつまった図書館。
文献を探して上から下へと動きまわったことも、
新しいことを知る喜びにわくわくしたことも、なんだかもう昔の話。
幾度となく向き合った333番台の書架は、なんとなく寂れてかすんでみえて、
今はもう違う場所へ呼ばれているのだということを感じた。

始めたら半分終わったのと同じ。
たいぎがってないで卒論の準備しよう。
そう決めてからは意外と早かった。
論文を書くって自分は何を考えているのか?自分とは何か?
自分の内面ととことんまで向き合う精神作業。
好きなことや知りたいことを時間をかけてつきつめるって
ほんとはすごく幸福なことのはずなのに、作業にしてしまうと
つまんなくなるのはどうしてなんだろう。

そんなことをぐるぐる考えながら文献をあたっていた。
「先生の先生」にむけられた論文集を見つけて、心をぐって動かされた。
一冊の本にこめられた研究者の努力、時間、人脈、感謝。
何十年と経て紡ぎだされた文章に、熟成された論文。
気の遠くなるような思いがしてすぐ、尊敬の気持ちがじわじわとわいてきた。
学を成すということは、並大抵のことではない。
学問がたとえば注文してすぐに出てくる店屋物では決してないからこそ、
人はそれを尊び、大切なことを学んでゆくんだろう。

自由に過ごしすぎて忠誠を誓わなかったこの大学。
でも自分なりに、師と仲間に出会い、色んなことを学んできた。
今からでも集中してこれを学んだということを書き留めていきたい。
今日少し勉強して、かたいりんごの芯に果肉がついてきたようないい予感がした。
まだアイデアも発想もあちこちに飛んでいってこまってしまうけれど、
これまでの成果を論文という形で表現できるよう、
ひとつひとつの課題とじっくり向き合っていきたい。

水曜の発表、そして22年間の総決算が満足のゆくものになりますよう。

posted by: meg | studying | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:00 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://meilisnow.jugem.jp/trackback/65
トラックバック